ホーム > ご支援のお願い > 募金Dialogue > 教育學科新設

Dialogue 學習院大學文學部教育學科教授 長沼豊 × 學習院大學文學部心理學科卒業 佐藤詩麻「2050年を見據えて、教育學科が新しく誕生しました。」

本記事は、2013(平成25)年2月に行われた対談を掲載しています。

長沼 2013年4月に學習院大學文學部に小學校の教員を養成する教育學科が新設されました。
私の30年越しの夢がついに実現しました。

佐藤 中高の資格は在學中に取得し、小學校の免許は社會に出てから通信教育で取りました。
もっと早くあれば???という想いですね(笑)。

長沼 1200名を數える桜育會(學習院出身の教員の集い)には小學校教員も80名ほどいます。

佐藤 私もそうですが、彼らは卒業後にどこかでそれなりに苦労して資格を取得したはずです。

長沼 第一期生の定員50名に対し、志願者數は826名でした。
期待の大きさに驚きました。

佐藤 學習院生で小學校の先生になりたいというニーズは絶対にあるとずっと思っていました。

長沼 學生が先生になり、出會った子どもたちも大人になって社會に出る時期、それは2050年頃です。その時にはもうベテランで、校長や教育界の中核を擔っているかもしれない。教えた子どもたちも社會で活躍中でしょう。そのためには何が必要かという未來志向で教育していきます。37年後で私はもういないだろうけど(笑)。

佐藤 この新しく恵まれた施設や設備の中で子どもたちとふれあう體験をたくさんしてほしいですね。人が好きで、子どものことをよく知っていることが現場ではとても大事だと感じています。

長沼 これから先、ますます自然環境と接する教育が重要になります。目白の杜を使って、そんな自然體験を學生に徹底的に學んでほしいですね。學校敷地の一部を畑にして、農業體験のできる場にできればと思っています。寄付を含む予算をそれらにも大事に使わせていただきます。

佐藤 4年後には學習院の教育學科一期生の先生が小學校に配屬されますね。楽しみです。

長沼 學生には學習院の良さが滲み出ている教員になってほしいなあ。人間に寄り添う思いやり、おおらかさ、奉仕の心を自然に表せる學習院らしい人柄をもった先生を育てたいと思います。

佐藤 目白も戸山もキャンパスには豊かな自然があって大好きでした。 學習院が好きという気持ちをいつまでも忘れずに私もこれから応援し続けます。

プロフィール

ページの先頭へ

長沼 豊 (ながぬま ゆたか)

長沼 豊 學習院大學文學部教育學科教授
1986(昭和61)年、學習院大學理學部卒業。
學習院中等科教諭を経て學習院大學教職課程助教授に。その後、準教授、教授、教育學科開設準備委員を経て現職。大阪大學大學院人間科學研究科博士後期課程修了、博士(人間科學)。桜育會幹事兼事務局長、日本特別活動學會副會長などを務める。


佐藤 詩麻 (さとう しま)

佐藤 詩麻 1997(平成9)年、學習院大學文學部心理學科卒業。
女子高等科から大學まで學習院に學ぶ。大學在學中は教職課程を受講、ダンスサークルなどで活躍。卒業後、法律事務所に勤務しながら、小學校教員免許を取得。小學校の先生として、二児の母として、仕事と子育てを両立させている。

お問い合わせ先

學校法人 學習院 募金部

〒171-8588 東京都豊島區目白1-5-1  TEL : 03-5992-9217(直通)

【平日】 8:40~16:45 / 【土曜】 8:40~12:30

ページの先頭へ

733漫画,733漫画在线观看,733漫画免费视频